リフォームへのこだわりCONCEPT

あったかecoリフォームの
3つのポイント

夏は涼しく、冬はあたたかい断熱・省エネ

リフォームの際に、お客様からよく伺う住まいのお悩みが、「夏は暑く、冬は寒い」というもの。そのお悩み、タカノリフォームにお任せください。高い性能を誇る断熱ecoリフォームと、パッシブデザインの考え方で、夏も冬も快適、しかも省エネでお得な暮らしを実現します。

断熱ecoリフォームINSURATION & ECO

あたたかくて省エネ、家計にもやさしい住まい

断熱ecoリフォームで、夏は涼しく冬はあたたかい暮らしを実現しませんか? リフォームの際に、家の様々な場所の断熱・省エネ性能を強化することで、冷暖房費を抑えながら年中快適な室温を保つ、健康や家計にもやさしい住まいをつくります。中でも、特に大切なポイントが、断熱サッシへの交換、高性能断熱材の施工、省エネ設備の導入の3つです。

断熱サッシへの交換

高断熱の住まいをつくるために、窓の性能を高めることはとても大切です。一般的な窓だと、冬は窓から52%もあたたかさが逃げていき、夏は窓から74%も暑さが入ってきてしまいます。
そこで、断熱ecoリフォームの際は、まず窓を高性能の断熱サッシへ交換することをおすすめしています。これにより、外の寒さや暑さからの影響が少なくなり、室温を快適に保つことができます。

断熱サッシのメリット
  • エアコンをたくさん使わなくても、夏は涼しく冬はあたたかい、住みやすい家になります。
  • 少しの冷暖房でも快適な温度を保てるので、光熱費の節約になります。
  • 冬場の結露を防ぎ、ダニやカビの発生も抑えるので、健康的に過ごせます。
  • 部屋内の温度差を防ぎ、ヒートショックの危険性も少なくなるので、高齢の方の体にもやさしい家になります。

高性能断熱材を100%生かす施工技術

せっかくの高性能断熱材でも、適切な施工をしないとその性能を発揮できません。
タカノリフォームでは、施工の際に壁と天井、床と壁との隙間を無くす「気流止め」をしっかりと行います。これにより、隙間風による断熱効果の低減を防止し、断熱材本来の性能を100%引き出します。

気流止めをしていない家 気流止めをした家
部分断熱工事について
部分断熱の例:LDKの場合

北陸の家は比較的大きな家が多いため、家全体を断熱改修しようとすると多額の費用がかかります。
そこでおすすめしたいのが、日常の生活でよく使うLDK、寝室や、ヒートショックの危険が高い浴室、脱衣室、トイレなどのゾーンを部分的に断熱改修する「部分断熱工事」。これにより、少しの工事で格段に快適性を高めたり、高齢者の方の健康への負担を大幅に減らしたりすることが可能です。

省エネ設備の導入

  • エコキュートで電気代を節約

    エコキュートはヒートポンプ技術を利用してお湯をつくる高効率給湯器です。再生可能エネルギーである「空気の熱」を利用し、投入エネルギーに対して3倍の熱エネルギーを得ることができる省エネ給湯機です。

  • エコジョーズでガス代を節約

    95%もの高い熱効率で、ガス使用量を約12%削減します。そのため、従来のガス給湯器と比べ、ガス料金も抑えることが出来ます。また、CO2の排出量を抑えるため、地球温暖化にも貢献します。

  • LED照明

    LEDの特長は長寿命と省電力です。寿命は40,000時間といわれており、ほぼ半永久的に使用できます。消費電力は、白熱電球に比べて約1/5程度も少なくできます。

  • 熱交換型換気システム

    タカノリフォームが採用する高効率の熱交換型システムは、室内温度を損なうことなく、外気の新鮮な空気への入れ替えを可能にします。

パッシブデザインPASSIVE DESIGN

光が入り、風の通る家

パッシブデザインとは、冷暖房などの機器に依存することなく、建物の構造や材料などの工夫や、建築を取り巻く外的な環境である自然エネルギー「光・風・熱」をコントロールし、快適な室内環境をつくりだす省エネ住宅の考え方です。タカノリフォームでは、断熱ecoリフォームに加え、このパッシブデザインをリフォームの設計に積極的に取り入れています。

夏
夏の太陽光を軒や庇で遮り涼しくします
夏
高度が低くなった冬の太陽が家の中をあたためます

あったかecoリフォームの
3つのポイント