心おきなく音楽を楽しむ部屋

趣味の音楽や楽器を好きなだけ楽しみたい!
そんなご要望から元々は伝統的な和室だったお部屋を
防音仕様の洋室へ改装し、見た目もスタジオのようなおしゃれな空間になりました。
防音の秘訣は床・壁・天井に施工された防音・遮音建材が効果を発揮しています
入り口の防音ドアを閉めれば音漏れのない空間になります。

構造タカノ一条ホーム建築・木造2階建て
築年数築28年
費用約400万円

施工前の和室

改装するお部屋は
畳と塗り壁で仕上がっている純和風の和室8帖です。

解体後

畳と天井を撤去し押入も解体する事で
10畳以上の広々としたお部屋を作りました
写真は床断熱を施工した状態です。

工事中

壁と天井に吸音材を施工しています。

工事中

吸音材を施工後は壁・天井に複数層の遮音ボードを貼っていきます。

工事中

下地ボード施工後は天井に防音用天井材を施工しました
フラットなデザインとウェーブ状の建材を割合を決めて貼っていきます
こうする事により高い吸音性と遮音性能が発揮されます。

落ち着いたナチュラル系の防音室に仕上がりました

元々のサッシだけでは防音性能が低いため
室内側に樹脂サッシ(複層ガラス)を取付し2重サッシへ
開口部の音漏れにも配慮しました。

壁は音響に考慮し布製クロスを使用しました。
音漏れを防止する為に壁や床・天井との隙間を極力塞いでおり
防音性能だけではなく気密性能も上った為
換気設備も設置し快適な空間になりました。

一覧へ戻る